金継ぎ~壊れた器の修繕~

破損してしまった大事なうつわ、陶器と漆器を修復します。金繕い、金直し ともいいます。割れた部分を継ぎ、欠けた部分を形成し、その上を金銀の蒔 絵で飾ります。繕いの後を新たな景色となす、日本独自の文化であり美学で もあります。
在庫
空席あり
10,725円

この講座の体験講座

{{goods.name}}

在庫
{{goods.stock_message}}
{{goods.format_price|replace}}
カリキュラム お気に入り登録

詳細情報

講師
社団法人漆芸伝承の会認定講師 大広 元子 ほか
曜日・時間
第3(土) 10:30~13:00
教室名
4階 アトリエ
受講開始日(本日WEB申込みの場合の初回受講日)
2024年07月20日

※記載以外の受講開始日がご希望の場合はお問合せください。
※ゴールデンウィーク、お盆、年末年始は休業日となり、日程が変更となります。詳細は休講講座のご案内または文化サロン店頭へお問合せください。


休講講座のご案内はこちらから
受講料
3回3ヵ月  10,725円(税込)
ご見学
持ち物
割れた器と欠けた器(陶磁器、漆器、硝子器など)数個皿か紙コッ
プ、綿棒、割箸、つまよう枝、セロテープ、カッターナイフ、はさみ、ぼろ
布、◎道具…内容=蒔絵筆、面相筆、毛棒、ヤスリ、刀、砥石、木賊、パレ
ット、手板、ヘラ他、道具レンタル代550円/1ヵ月*購入も可、初回の教
室で講師と相談して決定。
3回目ぐらいから筆セット5,940円
■材料費(3ヶ月分)8,250円前納制 教室にて講師にお支払いしてください
途中入会
備考
■振替不可 ■材料費は3ヶ月ごと教室にて講師にお支払いしてください